健峰幼稚園

 

トップページ > 園長のあいさつ


 幼稚園への入園は、家族を中心とした生活から、社会の集団生活への第一歩を踏み出す大きな転機です。お子様の立場からすると、初めて同年代の集団に入って家族以外の人との生活が始まるわけで、そうした環境に馴染む期間は、人によって差があります。私たちは、個々の園児の発達段階や特性をとらえて気長に保育をしてまいります。

幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うことを目的としています。従って、基本的な生活習慣・豊かな集団生活・社会や自然への興味・関心・言葉の理解・豊かな感性と表現力などの芽生えを養うことが大切です。そこで、長年にわたる伝統を踏まえつつ、前年度の実践結果に検討を加え、年間の保育計画の改善を常に図っています。

 とくに、季節に適した遊びを通しての直接的・体験的な活動を取り入れ、園児が楽しく過ごす中で身につけて行けるように援助したいと考えています。

 ところで、幼稚園の選択の観点をよく保護者の方に聞かれるのですが、ご家庭の方針もお有りとは存じますが、まずは、お子様が生き生きと活動できる幼稚園かどうかではないでしょうか。物的な環境だけでなく、教師や友達とのかかわりの深い幼稚園を選択されることを望みます。

 教職員一同、今後もお子様の将来にわたっての健全の成長を願って、着実な保育を実践してまいりますので、よろしくお願いします。